チラシの印刷を検討中の方へ!簡易チラシを紹介します!

チラシの印刷を検討中の方におすすめしたいのが、簡易チラシです。
簡易チラシを作成すると、企業やイベントの情報を、たくさんの方に伝えられます。
しかし、簡易チラシを印刷する方法について、分からない方も多いのではないでしょうか。
そこで今回の記事では、簡易チラシを印刷する方法について解説します。

 

□良いチラシのポイントとは?

良いチラシのポイントは、何といっても見やすくて分かりやすいことです。
伝えたい情報が瞬時に分かることや、何を宣伝するチラシであるか分かることが重要です。

例えば、キーポイントの写真を大きく配置したり、文字のバランスにこだわったりすることで、情報をすっきりとまとめられるでしょう。
コンセプトをしっかりと伝えられ、読み手の興味を引くようなチラシを作成しましょう。

 

□レイアウトのコツを紹介します!

ここでは、チラシのレイアウトを考える際のコツを5つ紹介します。
それぞれのコツを活用し、分かりやすいチラシを作成しましょう。

・1つ目のコツは、グループ化をすることです。
関連する情報は、結びつけて整理することで、チラシがわかりやすくなるでしょう。
例えば、線で区切ったり、枠や図形で囲ったりすると、より見やすくなります。
まず初めには、グループ化を忘れずに行いましょう。

・2つ目のコツは、位置をそろえることです。
レイアウトがバラバラだと、情報をうまく伝えられません。
全ての情報を、一定の決まりを持って整列させましょう。

そろえ方の例としては、文頭をそろえる他にも、後ろや中央でそろえても整った印象を与えられます。

・3つ目のコツは、同じ構造の情報は、同一のレイアウトで表示することです。
例えば、いくつかの支店の情報を記載する際に、それぞれを異なった文字や色で掲載していると、一覧性がかなり下がります。

店名と電話番号を1セットとして、同じ形式で繰り返すと、情報の規則が認識しやすくなるでしょう。

・4つ目のコツは、メリハリをつけることです。
内容を対比させて、メリハリをつけると、見やすいチラシに仕上げられるでしょう。
メリハリのつけ方としては、大きさを変えたり、明暗を変えたりする方法があります。

・5つ目のコツは、視線を誘導することです。
人が目線を動かす方法には、一定の規則性があるため、適した順番で情報を配置しましょう。
縦書きのチラシを見る際には、右上から右下へと目線を移動させます。
このことを利用して、最初に見るチラシの部分には、最も伝えたいことを記載しましょう。

 

 

□簡易チラシの印刷方法とは?

簡易チラシの印刷方法を2つご紹介します。
それぞれの特徴を理解し、ご自身にあった方法を選択しましょう。

1つ目の方法は、オンデマンド印刷です。
オンデマンド印刷は、数千部以下のチラシを印刷する際に利用されます。
最近のオンデマンドシステムは、制度も解像度もかなり高いものになっております。
また、オンデマンド印刷という呼び方は、簡易印刷全般を表す場合もあるので注意しましょう。

2つ目は軽印刷機による印刷です。
いんさつ工房では、軽印刷機によるローコスト印刷を用意しております。文字中心の原稿の場合、特に威力を発揮します。

いんさつ工房では、現在初めての方へのキャンペーンとして、同一原稿で1000枚以上の印刷を1枚1円にてご利用いただけます。
是非お試し下さい。

これらの方法を利用して、チラシを印刷しましょう。

また、オフセット印刷という方法もあります。
オフセット印刷は完成度の高い印刷になります。
この印刷は、数千部から数百万部のチラシを印刷する際に用いられます。
現在では、チラシ印刷として最も利用されている印刷方法だと言っても過言ではありません。

完成形が美しく、基本的にフチがない状態で仕上がります。
しかし、他の方法と比較して、納期が長くかかったり、枚数が少ないとコスト高になることがデメリットとして挙げられるため、注意しましょう。

 

□まとめ

簡易チラシを印刷する方法について解説しました。
ご紹介した簡易チラシの印刷方法で、ご自身に適した方法を選択しましょう。
また、今回紹介したレイアウトのコツも参考にしてみてください。
簡易チラシの印刷をお考えの方は、ぜひいんさつ工房にお問い合わせください。
 簡易チラシは こちらへ⇒ https://www.insatukobo.com/contents/category/print-copy/