インパクトのあるプレゼン資料の作り方とは?


プレゼン資料は、企画や提案を行う上で非常に重要なものです。
その完成度次第で、伝えたい内容の伝達度や相手へ与えるイメージは変わります。
相手の記憶に残すためにもデザインや構成のコツを押さえておきましょう。
今回はインパクトのあるプレゼン資料の作り方についてご紹介します。

□プレゼンでインパクトを与えるポイントとは?

プレゼンを行う際には相手の記憶に残るように様々な工夫を施します。
プレゼン資料の完成度を高めることもその工夫の一つでしょう。

しかし、プレゼンそのものでインパクトが薄いと、せっかく完成度の高い資料を作成してもその効果はあまり期待できません。
まずは、インパクトのあるプレゼンを考えるところから始めましょう。

プレゼンでインパクトを与える方法は4つあります。

1つ目は、定説を覆すということです。
これまで常識と思っていたものが実は間違っていることを提示したり、新たな定説を打ち出したりすれば聴き手は興味が湧いてくるでしょう。

2つ目は、想像力を掻き立てることです。
私たちは普段から何気なく聞いている言葉や目にする文章から無意識的に想像しています。

想像力を掻き立てる表現をすることで、自然と聴き手は頭の中の物語の中心に立ちます。
想像力が掻き立てられれば、聴き手は傍観者からプレゼンの参加者になるため、スムーズに言葉を受け取るようになるでしょう。

3つ目は、統計で提示することです。
何か伝えたいことの説得力を持たせたい時にこの方法は有効的です。
統計値を扱うことでプレゼンにインパクトを与えてくれるでしょう。
数字にはそれほどの効果があります。

4つ目は、偉人の力を借りることです。
もし、伝えたいメッセージが本当に聴き手の心に刺さるのか不安であるならば、先人たちの言葉を借りましょう。
言葉に説得力が増し、聴き手の心に深く刺さるでしょう。

□プレゼン資料の作り方とは?

プレゼン資料は相手に内容を深く伝えるために役立ちます。
口頭だけや映像だけの場合、相手の解釈は人それぞれであるため、伝えたいメッセージが意図した通りに伝わっているかは定かではありません。

それを補足するのがプレゼン資料であるという前提をここで押さえておきましょう。
上記のような前提を踏まえた上で、インパクトのあるプレゼンを考えられたのであれば、内容に沿ってプレゼン資料を作成しましょう。

まずは文字の大きさを考えましょう。
見えないプレゼン資料に伝える力はありません。
文字を入れる場合は絵を見るのと同じように相手に意味を伝えることを意識した大きさにしましょう。

次に文字のフォントに気を付けましょう。
フォントイメージは資料全体のトーンとマナーを決める重要な要素です。
特徴のあるフォントはアクセントをつけたい場合に限り、基本的にはシンプルなフォントを用いるようにしましょう。

次に重要な部分を強調しましょう。
重要な部分は一番相手の記憶に残したいポイントであるため、強調する際は注意する必要もあります。
強調するテクニックとして、文字の色を変えたり、四角で囲んだりといったものがあります。

最後に、使用したグラフが何を表しているのかはっきりさせておきましょう。
複雑で読めないグラフよりもシンプルで分かりやすいグラフを使用した方が相手に伝わりやすくなります。
この他にも、文字数をできるだけ少なくしたり、余白を意識した文字配置を行ったりすることも効果的です。

□まとめ

プレゼンでインパクトを残すには構成やデザインを工夫する必要があります。
統計を提示したり、偉人の言葉を借りたりすることで言葉に深みが増すでしょう。
さらに、プレゼン資料の作成では文字のフォントや大きさといった部分に注意して、伝えることを意識しておきましょう。