効果的な資料のリード文の書き方をご紹介します!

リード文とはまさに、今この部分のことを指します。
文章を書くうえで、リード文は欠かせない要素です。
この部分の完成度によって、読者が本文を読むか読まないかが決まるでしょう。
プロのライターからも「リード文が文章の8割を決める」と言われています。
そこで今回は資料のリード文の書き方についてご紹介します。

□リード文の主な役割とは?

まず、リード文とは文章の冒頭文のことを指します。
目次や最初の見出しの前に書かれている文章のことです。
ライティングをはじめたばかりの方にとっては、どのような要素を含めば良いのか分からず、お悩みの方は多いでしょう。
重要な役割を持つと言われているリード文ですが、どのような役割があるのでしょうか。

まず、リード文には読者に文章の方向性を示したり、観点を明確にしたりする役割があります。
例えば、「この文章でどのような問題が解決するのか」といった方向性や「賛成のポジションか否定のポジション」といった観点を明確にしておきます。

こうすることで、読者が文章を読み進めるための判断基準にできます。
リード文によって読み進めるかの判断をするため、読者が本文を読み進めていく中で満足度が下がるといったことは少なくなるでしょう。

次に、読者の興味や共感を得るといった役割があります。
リード文をうまく活用すると、読み手と書き手の距離感を縮められます。
意外な事実を掲示したり、小さな疑問をリード文で解決し、大きな疑問を残したりするのがおすすめです。
その際に、読者の興味や共感を得られるでしょう。

また、リード文には読者の信頼を得る役割があります。
ここでライターが何者か名乗っておくことで、ある程度の信頼性が生まれます。
そのような信頼性を高めることの他に、その役職や立場から見た文章であることを読者にイメージさせる効果もあります。
「〇〇担当の〇〇」といったバックグラウンドがあることで、読者は安心感を得られるでしょう。

□リード文を書いてみよう

リード文にはさまざまな役割があり、本文を読み進めてもらうために重要なポイントであることは認識していただけたでしょうか。
では早速、これらの役割を意識しつつ、リード文を書いてみましょう。
ここでは、パターンに分けて書き方をご紹介します。

まず、業界事情に触れたうえで、注目されている対策を紹介するパターンです。
このようなリード文は、特にBtoB領域でのコンテンツによく用いられるでしょう。
使い回しが多いパターンですが、注目の対策が一般化している場合は読者が離脱してしまう可能性があるため、そのような点には注意が必要です。

次に、読者が感じているであろう課題を書いたうえで、対策を伝えるパターンです。
この場合、読者の課題と文章をマッチさせられるため、具体的な対策はどのようなものがあるか、読者の興味を惹きつけます。
しかし、このパターンでは読者の課題とマッチさせる必要があるため、ターゲットとその課題をあらかじめ明確にしておく必要があるでしょう。

最後のパターンとして、課題に気付かせる手法です。
ありがちな勘違いを最初に示し、後からそれを否定することで新たな課題に気付かせます。
その分野に精通している方にとっては常識的な内容でも、その分野に精通していない方は疑問に思うでしょう。
そのため、このようなリード文はその分野を意識しはじめた層をターゲットにした場合に有効です。

□まとめ

以上のように、リード文にはさまざまな役割があります。
役割に沿って文章を書くと、本文の方向性を示したり、読者の信頼感を得られるといったような効果があります。
また、本文をスムーズに読み進めてもらうためにも、興味を惹くような文章の構成を心がけましょう。