チラシを見てもらうために必要な工夫とは?

チラシを制作する際に考えることの1つが、どうしたら多くの人に見てもらえるかですよね。
チラシを作ってもターゲットに届かないと意味がありません。
そこで今回は、チラシを見てもらうためにどのような工夫が必要かご紹介します。

□チラシを作る前にすることとは?

チラシを配布するからには、配った人にきちんと見てもらえるものを作りたいですよね。
では、そのようなチラシを作るためにどのような準備をしたら良いのでしょうか。
ここでは、実際にチラシを作る前にすることをご紹介します。

チラシを作る前には、目的とターゲットを明確にする必要があります。
「誰に何を伝えたいかまだ明確ではない」
このようなケースもあるでしょう。
しかし、このままではせっかくチラシを作っても意味がありません。

例えば、不動産を紹介するチラシを作るとしましょう。
子供がいる家庭とそうでない家庭では、不動産を選ぶ際のポイントが違います。
子供がいる家庭では、「周囲の安全性」「学校までの距離」を重視すると思います。
子供がいない家庭で共働きの場合は、「通勤に便利な場所」「最寄り駅までの距離」が大事でしょう。

子供がいない夫婦に向けて、学校までの近さをアピールしても効果がありませんよね。
ターゲットによって、何をアピールすると効果的なのかが違うのです。

たとえその不動産に魅力的なポイントがいくつかあったとしても、全てを書き連ねてしまうと、まとまりがなく何を伝えたいのかわからないチラシになってしまいがちです。
チラシを作る前に、ターゲットを決めて、その層に何を知ってもらいたいか整理してみると良いでしょう。

ターゲットや目的を決めた後は、それをどのように伝えるかが大切です。
キャッチコピーや画像にはこだわると良いですね。

キャッチコピーをできるだけ具体的にすると、ターゲットの絞り込みが簡単になります。
また、画像を使う際はただ並べるのではなく、一番重要なものを大きく載せると良いです。
そうすることで、見る人の目に留まりやすくなるでしょう。

□チラシを見てもらうために必要なポイントをご紹介!

ここまで、チラシを作る前に注意したいポイントをご紹介しました。
次に、チラシを作る段階で注意するポイントを見ていきましょう。

1つ目は、インパクトがある見た目にすることです。
チラシに使うイラストや写真、キャッチコピーが非常に重要です。
これらの要素を魅力的に伝えるには、ただ情報をたくさん詰め込むだけではいけません。

強調したいところを他の部分より大きめに配置したり、余白を大きめにとったりすると良いでしょう。
これらのことを意識するだけで、同じ内容でも印象が大きく変わります。

2つ目は、キャッチーな色を使うことです。
チラシのデザインを決める際に色は非常に重要です。
まず、メインで使う色を決めて、その色と相性が良い色を全体的に使うようにしましょう。

具体的には、背景の色が濃い場合は、文字や要素には薄い色を使いましょう。
そうすることで、読みやすさや識別のしやすさが格段に上がります。
反対に、背景が薄い色の場合は、文字や要素を濃い色にしましょう。
背景から文字が浮き出るように見えて、印象が強くなります。

使用する色の数も考慮しましょう。
色の数が多いと、賑やかな印象になります。
少なくするとシンプルな印象になり、伝えたいことをストレートに伝えられるでしょう。

3つ目は、親しみやすくイメージしやすいデザインにすることです。
チラシを見た人が実際にその内容に興味を持つためには、親近感を抱かせることが大切です。
メッセージの内容からメインで使う色を決め、イラストに工夫を加えるだけで一気に親近感を与えられます。

また、フォント選びも大切です。
おしゃれさだけを追求するのではなく、伝えたい内容や与えたい印象に合っているかを意識しましょう。

最後に、メリットを一目で理解できるチラシにしましょう。
チラシを見たときに、どんな良いことがあるのかが目に入ると興味を持ってもらえます。
メリットを享受できるタイミングや度合いを示す見出しやコピーは目立たせるようにしましょう。

□まとめ

今回は、見てもらえるチラシを作るために大切なことをご紹介しました。
チラシを作る際は目的とターゲットを明確にしましょう。
他にもポイントをいくつか紹介したのでぜひ参考にしてみてください。
チラシの制作をご検討中の方は、お気軽にいんさつ工房にご相談ください。