パンフレット作成の際のポイントやよくある失敗を紹介します!

パンフレット作成を考えている方は、よくある失敗をご存知ですか。
せっかく作ったパンフレットが思っていたのと違うと悲しいですよね。
今回は、パンフレット作成のポイントやよくある失敗をご紹介します。
パンフレットの作成をご検討中の方は参考にしてみてくださいね。

□パンフレット作成の際のポイントをご紹介!

パンフレット作成前には、ポイントを押さえておくと安心ですよ。
余程作成の経験がない限り、どうしたら良いか分からない方が多いと思います。
ここでは、作成の際のポイントをご紹介します。

1つ目は、目的とターゲットを整理することです。
目的が曖昧なままだと、何を形にしたいのか、どのようなデザインにしたいのかが決められません。
目的が明確でない場合は、まず頭の中にあることを文字に起こすことをおすすめします。
そうすることで、考えていることを可視化でき、目的の把握が簡単になります。

また、ターゲットを決めることも大切です。
その理由は、ターゲットによって内容のレベルが異なるためです。
知識の有無や年齢層まで意識するのがおすすめです。

2つ目は、掲載したい項目を箇条書きで起こすことです。
伝えたいことはたくさんあるけれど、どのように文字に起こして、何を優先的に載せれば良いか迷いますよね。
その場合は、まず思いつくことを全て文字に起こしてみましょう。
その上で、1つ目で決めたターゲットや目的に合っているか、規定のページ数に収まるかを吟味して掲載内容を決めると良いです。

3つ目は、競合他社や既存の類似カタログを研究することです。
皆さんが商品の購入を検討するとき、初めから一社だけに絞って考えることは少ないかもしれませんね。
多くの人は、複数のブランドを考慮して、その中から1つの商品を選ぶでしょう。
そのため、他社のカタログをチェックして、どのような内容が掲載されているかを把握することは大変重要です。

□よくある失敗をご紹介!

ここまではポイントをご紹介しましたが、パンフレット作成を成功させるためにはよくある失敗を把握しておくことも大切です。
ここではいくつかご紹介するので参考にしてみてくださいね。

1つ目は、パンフレットに掲載する内容を社内で共有していなかったことです。
目的やターゲットだけではなく、具体的にどのような内容を掲載するかを共有しないと、後から指摘されて変更を余儀なくされるかもしれません。
その際に、追加で費用がかかる可能性もあるでしょう。

2つ目は、他社のパンフレットを確認していなかったことです。
ある程度パンフレットが出来上がってから、上司に他社のパンフレットと比較されて修正依頼が来たというケースもあります。
他社のパンフレットに載っている情報を載せていないと、場合によっては不利になる可能性もありますよね。
1から掲載内容を検討するのではなく、他社のものを参考にしながら作成をしていくのがおすすめです。

□パンフレットの大きさをご紹介!

皆さんは、パンフレットと聞いてどんなサイズを思い浮かべますか。
ここでは、代表的なパンフレットのサイズを3つご紹介します。

1つ目は、A4です。
パンフレットのサイズで最もポピュラーなものです。
特にこだわりがない場合は、このサイズにするのが良いでしょう。

2つ目は、B5サイズです。
多くの場合はカタログで使用されますが、パンフレットで使用しても良いでしょう。
サイズ感が分からない方は、週刊誌のサイズを想像されると良いですよ。

3つ目は、A5サイズです。
パンフレットではあまり見ないサイズですが、他とは違いインパクトを与えられる可能性もありますね。

□まとめ

本記事では、パンフレット作成のポイントとよくある失敗をご紹介しました。
作成前にポイントを1つずつ整理してみてくださいね。
また、パンフレットの印刷は専門会社に依頼するのがおすすめです。
印刷会社で迷われている方は、ぜひ一度いんさつ工房にご相談ください。