新聞折り込みチラシとポスティングについて紹介します

お店や企業活動の宣伝として、新聞折り込みチラシかポスティングのどちらを行おうか迷っているという方はいらっしゃいませんか。
広告の効果を最大限に高めるためには、宣伝したいものや業種に合わせて使う媒体を考える必要があります。
お悩みの方はこの記事をぜひ参考にしてくださいね。

□新聞折り込みチラシのメリットとデメリットを解説します

まずは、新聞折り込みチラシのメリットを解説します。

1つ目が、特定のエリアに向けた大量配布ができることです。
地域のお客様に、ご自身や会社が宣伝したいものを知ってもらう第一歩として新聞折り込みを使う方が多いです。

2つ目が、ファミリー層や高齢者層などをターゲットにしやすいということです。
新聞をとっている方に多いのが、家族をお持ちの方や高齢者の方です。
広告内容によってはそのような層をターゲットにするのが効果的なこともあるかと思うので、メリットと言えるでしょう。

3つ目が、ポスティングよりも信頼度が高いということです。
これが新聞折り込みの最大のメリットと言えますが、受け手が信頼できる情報として受け取ってくれるということです。
さらに、気に入ってもらえた場合には、紙媒体で保存しやすいという点もあります。

続いて、新聞折り込みのデメリットを解説します。

1つ目が、紙面に限りがあることです。
1枚という限られた範囲に掲載するため、掲載できる情報に限りがあります。

2つ目が、新聞の購読者にしか届かないということです。
近年は若い方や1人暮らしの方は新聞をとらずにスマホだけで情報を収集する傾向にあります。
広告内容によっては、新聞折り込みではターゲットに届かない可能性もあるのでよく検討する必要があります。

□ポスティングのメリットとデメリットを解説します

続いてポスティングのメリットを解説します。

1つ目が、エリアを細かく設定して配布できることです。
特定の地域で、戸建て住宅にお住まいの方などという条件をつけて配布することで、無駄なく的確にターゲットに広告を届けることが可能です。

2つ目が、新聞を購読していない世帯にも配布できることです。
地域によっては、新聞で広告を出すよりも多くの世帯に配布が可能になる上、若年層に向けた広告も届きやすくなります。

一方で、デメリットも存在します。

1つ目が1日に配布できる量に限界があるということです。
5000部を配布するのに、おおよそ3日から14日の配布期間がかかります。
配布するスタッフを増やせばそれだけ人件費もかさむので、費用と効果のバランスをしっかりと見極める必要があります。

2つ目が、マンションの管理人や住人の方からクレームを受ける可能性があることです。
近年はポスティングを行う業者も増え、ポストにチラシを投函されることを嫌がる方や、マンション自体で拒否していることもあります。

□新聞折り込みかポスティングを選ぶポイントを解説します

ここまで新聞折り込みとポスティングのそれぞれのメリットとデメリットを紹介してきました。
最後に、広告内容によってオススメの広告方法を解説します。
まずは、新聞折り込みにオススメの場合です。

1つ目が、食料品や総合衣料品店など、ターゲット層が広い業種の場合です。
家族や高齢の方にも届くという点で、このような広告に適しています。

2つ目が、顧客単価が低いサービスの場合です。
新聞折り込みは比較的低コストで配布できるので、なるべくコストを抑えて配布したい時に適しています。

次に、ポスティングにおすすめの内容です。

1つ目は、個人経営の塾や整骨院などの業種で、小規模の地域に配布したい場合です。
また、期間限定イベントの広告もこれに当たります。

2つ目は、ターゲットを絞った方が広告効果のある業種です。
例えば、子育て世帯や対象物件だけに配布したい場合におすすめです。

□まとめ

この記事では、新聞折り込みチラシとポスティングのそれぞれの効果や適しているケースについて解説しました。
これから宣伝活動を行おうと考えている方はぜひ参考にしてくださいね。