徹底比較!コピー機か業者か印刷はどちらが安い!?

「会社のコピー機を使うか印刷業者に頼むかどちらが安いか分からない」
「少しでも安く印刷をしたい」
このようにお考えの方が多いのではないでしょうか。
どちらの選択肢にもそれぞれメリットとデメリットがあります。
使用度合いに応じて一番安い手段を選びたいですよね。
そこで今回はコピー機で印刷するのと印刷業者に委託するのとどちらが安いのか徹底比較します。

□コピー機で印刷する場合

*メリット

コピー機で印刷できるメリットはやはり、原稿に急な変更が加わった時にその場ですぐに印刷し直せる点ではないでしょうか。
また、その時に必要な枚数だけを印刷できます。
そのため、余分なコピーをする必要がなく無駄が少ないので経済的といえるでしょう。
コピー機をリース・レンタルする際にも値段を抑えられます。
時期によってコピー機に大きなモデルチェンジが行われることがあります。
その時に古いモデルのコピー機は価格が落ちるので、そのタイミングでリース・レンタルをするとコストを抑えられるでしょう。

*デメリット

日本製のコピー機は比較的品質が良いと言われています。
しかし、海外製のコピー機は印刷物の仕上がりに粗さが出てしまう可能性があるようです。
いくら安いコピー機を買ってコストカットをしたといっても、品質が悪いと元も子もないですよね。
また、インクやコピー用紙を自身で購入する必要があります。
コピー機以外のコストも使い続ける限りかかってしまうでしょう。

 

□業者に依頼する場合

*メリット

印刷業者は印刷のプロなので仕上がりがとても綺麗です。
委託すると出来上がりまでに時間がかかるように思う方が多いのではないでしょうか。
しかし、依頼すれば翌日には資料を手に入れることも可能です。
またコピー機と大量の予備の用紙をオフィス内に置いておく必要がなくなります。
コピー機と大量の予備の用紙は意外とスペースを消費するのでそのスペースを他のことに使えるのはとてもいいですね。

*デメリット

印刷業者に依頼すると人件費も含まれるため、コピー機に比べてやはり少し高くつきます。
しかし、用紙とインク代、コピー機の管理代もその値段に含まれていると考えれば妥当な値段といえるでしょう。
ただ、経費として計算されない部分でコストがかかる可能性があります。
例えば、オフィス内にコピー機がなければ、原稿の打ち合わせが必要です。
その打ち合わせをするための通信費と時間がかかるでしょう。
またミスコピーの場合、その場ですぐ直すことができません。
そのため、ミスコピーが発生すると修正に時間がかかるうえに印刷し直す費用を自社で負担しなければならないリスクもあります。

 

□まとめ

今回はコピー機での印刷と業者に委託する印刷とを比較しました。
どちらにもメリットとデメリットがありますね。
そのため、状況に合わせて適する資料の印刷の仕方を選択できるといいでしょう。
今回紹介した、コピー機と業者委託の違いを参考にしてより効率的な資料印刷の役に立てると幸いです。
この記事を読んで、印刷業者に印刷を頼んでみようと思った方は是非、当社にお任せください。
当社は格安でPDFファイルの印刷を承っています。
利用することの多いA4・B5サイズは特に安い値段でご利用頂けます。
お見積もり無料で、原稿が届き次第最短翌日発送が可能です。
印刷した資料の向きを揃えてホチキス止めをするのに結構な手間と時間がかかりますよね。
当社では、「ページ揃え」、「紙折」、「ホチキス止め」、「2穴パンチ」のサービスも格安で提供しています。
ご不明な点がございましたらお気軽に当社までお問い合わせください。
当社の経験豊富なスタッフが印刷に関して全力でサポートいたします。