失敗しない印刷業者の選び方とは?コピー印刷をお考えの方必見!

「コピー印刷したいけど、どこが良いの?」
「印刷業者の選び方が知りたい!」
このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。
印刷業者を選ぶ際、会社がたくさんあってどれを選べば良いか分からないと思われる方がいらっしゃると思います。
そこで、今回は、失敗しない印刷業者の選び方について詳しく解説します。

 

□印刷業者の選び方について

 

印刷会社にはさまざまなものがあります。
しかし、印刷方法に詳しくない方や、印刷をプロに依頼するのが初めての方は、違いが分かりにくいと思います。
印刷会社選びには、いくつかのポイントがあります。
例えば、工場を持っている会社かどうかは、トラブルを回避したい方にとって重要なポイントです。
自社で印刷工場を所有している印刷会社は、企画、受注、印刷、営業などの業務をワンストップで行えるという強みがあります。
工場を持っていない印刷会社は、依頼を受けた後、そのデータを他の会社に入稿する工程が必要です。
そのため、仲介する際に、時間がかかったり、依頼内容が間違って伝わったりする恐れがあります。
トラブルが発生するポイントが増えるため、細かい指示が伝わらない可能性があります。
次に、信頼できる会社かどうかを考えましょう。
納期が守れたり、指示が確実に伝わったりするかどうかは、依頼をする上で重視するべき項目です。
見積もりの段階で、回答に違和感があったり、具体的な納品日が分からなかったりする場合は、業者を変えることを検討しましょう。
印刷のクオリティにこだわる場合は、印刷方法にこだわるのがおすすめです。
小部数を依頼する場合は、オンデマンド式の印刷を行う会社を選びましょう。
価格を安く抑えられることに加えて、納期が短いため、完成品が早く手に入ります。
以前は、オンデマンド式の印刷は、クオリティが低いと言われていました。
しかし、最近は、オンデマンド式印刷の精度があがっているため、コストパフォーマンスが良い印刷方法であるといえます。
大量に印刷する場合は、オフセット印刷がおすすめです。
仕上がりが綺麗なことに加えて、部数に比例して、1枚あたりの価格が低くなるという特徴があります。
高品質の印刷を大量に依頼したい場合は、オフセット印刷を検討しましょう。

 

□印刷業者関連でよくある失敗について

 

印刷を業者に依頼した際に起こるトラブルにはいくつかの種類があります。
業者選びの際に確認したり、打ち合わせを念入りに行ったりすることで、発生を予防できるものがあるため、必ずチェックしておきましょう。
トラブルの例として、完成品がイメージと異なっているケースがあります。
紙の質や、色のディテール、印刷のクオリティなどによって全体のイメージが変わることが原因だと言われています。
このようなトラブルを防ぐためには、本番の印刷の前に、サンプル本による確認を行っているかどうかを確認することが有効です。
他に、手直しが多く、費用がオーバーしてしまうというトラブルがあります。
予算に関わるトラブルは、安易に1番安い見積もりを貰った業者にそのまま依頼した場合に多くみられます。
安い見積もりに、手直しの費用が含まれていない場合は、手直しを行った回数分の手数料がかかるため、結果的に高額な費用がかかる場合があります。
安い見積もりを貰った場合は、即決せず、見積もりの詳細やオプションの費用を確認することで、予算オーバーを予防できます。

 

□まとめ

 

今回は、印刷業者の選び方とポイントについて解説しました。
印刷業者を見分ける方法について理解できたでしょうか。
当社では、広報誌やパンフレットなどの印刷を承っております。
印刷から製本まで、当社にお任せください。
無料の見積もりもご用意しておりますので、印刷や製本をお考えの方は当社までお問い合わせください。