印刷業者がレジュメ作成のコツについて解説します!!

現代社会において、ビジネスシーンや会議資料、様々な情報伝達の手段としてレジュメは必要不可欠であり、作成する機会も多いのではないでしょうか。
そこで本記事では、レジュメを見やすくするための作成のポイントについて解説します。

□レジュメとはそもそもどのようなものを指すのか

はじめに、普段からよく聞く「レジュメ」や、混同されやすい「アジェンダ」、「サマリー」の言葉の意味を再確認しましょう。
レジュメとは、会議や講義、講演会などで聴衆に配布される、資料のことです。
レジュメにはプレゼンや会議の内容を要約したものが記入してあり、研究の概要やプロジェクトの大枠について大まかに知れます。

それに対して「アジェンダ」ですが、こちらはあまり聞き覚えがない方も多いかもしれません。
アジェンダとは、会議の議題や進行の計画、日程をまとめたものです。
レジュメは会議やプレゼンの概要をまとめたものであるのに対し、アジェンダは多人数の会議で決定すべき事項や行うべき計画をまとめたもの、というのが一般的な認識でしょう。

続いて「サマリー」について説明します。
こちらはレジュメやアジェンダのような紙媒体の資料のことではありません。
日本語訳にすれば「要約」という意味になるように、文章を要約したものをサマリーと呼んでいるのです。
名詞としての使い方だけでなく、「要約する」「集計する」という意味の動詞としてビジネスシーンで用いられることもあります。

□レジュメの書き方のコツについて

レジュメは主に自分が話す内容を聞き手が分かりやすくするためのツールとして使われます。
そのため、誰が読んでも理解しやすい内容にすることを心がけましょう。

分かりやすいレジュメを作成するコツとして、第一に「少ない文字数にする」ことが挙げられます。
プレゼンや講演会の主体はあくまでも自分が行う発表であり、レジュメはあくまでもそれを補助するものに過ぎません。
文字のやたら多い複雑な構成のレジュメだと、読むことに神経を要してしまい、肝心の話している内容が頭に入らない可能性があります。
それでは本末転倒ですよね。
最小限の文字数で概要と要点をまとめることを心がけましょう。

次に、まとめる内容が複数ある場合は箇条書きすると良いです。
行間を空けず、1つのページいっぱいに文字が詰まっている資料よりも、適度に改行がなされており、文章の間に適度な空間がある方が見やすいですよね。

また上記に関連して、紙面の余白を多めにとることも、見やすいレジュメを作成する大きなポイントです

□レジュメを作成する際に注意すべきポイントは何があるのか

レジュメ作成の注意点として「長文にしない」ことが挙げられます。
そもそもレジュメの趣旨とは、プレゼンや会議の要点を理解しやすいように簡潔にまとめることです。
一目で内容の理解ができないレジュメだと、補助の機能を果たしていません。

次に、文章中の口調を統一することも忘れてはいけません。
口調がばらばらな文章は読んでいて違和感が付きまといます。
話している内容に集中できるように、口調は一貫させるよう注意しましょう。

また、レジュメで引用をすることは可能な限り控えた方が良いです。
引用を行う場合は著作権や、マナーの観点から必ずその引用元を明記することをおすすめします。
どうしてもの場合を除き、引用の多用は控えることをおすすめします。

□まとめ

今回はレジュメの概要や作成するときの注意点について解説しました。
ビジネスシーンのみならず、レジュメ作成は様々な場面で向き合うことが多い、重要なスキルとも言えます。
今回の記事が、見やすいレジュメの作成についてお悩みの方の参考になれば幸いです。