はがきの構成をご紹介!前文の書き方とは?

 
はがきはスペースが少ないため、簡潔に文章をまとめる必要があります。
そのため、はがきを書く際には、構成に注意しましょう。
構成の基本をおろそかにした文章は、読みにくくなります。
そこで今回は、文章を書く際の構成の前文についてご紹介します。
 

□文章の構成は前文、主文、末文である

 
文章を書く際には構成を組み立てる必要があります。
文章は大まかに分けて、前文、主文、末文があります。
はがきを書く際にも、スペースが少ないため、この点には注意しましょう。
 
まずは前文です。
ビジネス文章では、時候の挨拶を使用しないこともありますが、ビジネス文章であっても、お礼状の場合は、時候の挨拶をするのが一般的です。
時候の挨拶では、一般的に季節の言葉を用います。
季節の言葉を用いることで、温かく、いきいきした文章になるでしょう。
 
しかし、親しい間柄では、堅い文章になるので省略することも多いです。
その場合、すぐに主文に入っても問題はありませんが、一文字下げてから書き始めるなど工夫をしましょう。
このような時候の挨拶に続けて、相手の安否を気遣い、こちらの様子を述べます。
お礼やお詫びの文章はこの後に続けましょう。
 
次に主文です。
主文とは用件を相手に伝えるための中心的な役割をはたす部分です。
 
一般的に「さて」や「ところで」などの起語を用いて、上手に場面転換をはかる形で主文に入ります。
中身を考える際には、述べたい項目に優先順位を付けて、要領よくまとめましょう。
伝えたいことが多くある場合、無理に小さい文字で内容を詰め込みすぎると、読みづらい印象を与えることがあります。
はがきを書く際には短い文章で具体的に書くことが大切だと言えるでしょう。
 
次に末文です。
結びの言葉は主文に合わせて書きます。
 
一般的には今後の指導や厚誼を願い、先方の健康や繁栄を祈る文で締めくくります。
この他にもお礼や、お詫びで締めくくる場合もあるでしょう。
結びの挨拶は様々な表現がありますが、慣用句としてよく使われるのは「取り急ぎお祝いまで」や「まずはお礼まで」といった用件を繰り返し確認するものです。
 

□前文は4つの要素で構成されている

 
はがきを書く際には前文、主文、末文といった構成に分かれることを確認しました。
その中でも、前文は堅苦しくて面倒だと思われがちですが、用件をスムーズに伝えるのに有効的なものになります。
前文の書き方をここで確認し、失礼のない文章を書きましょう。
 
前文とは前置きとして述べられる挨拶のことです。
構成する要素として、「頭語」「時候の挨拶」「安否を尋ねる挨拶」「お礼やお詫びの挨拶」があります。
ここで具体的に確認しておきましょう。
 
まずは頭語です。
頭語ははがきの一番最初に来る挨拶になります。
相手との関係性や内容に応じて、「拝啓」や「謹啓」などで表現します。
頭語は結語とセットで用いられるので、その点には注意しておきましょう。
 
次に時候の挨拶です。
時候の挨拶は、季節の移り変わりや差出人の心情を挨拶文として表現する部分です。
手紙を出す時期やその時の気候によって使い分ける必要があるので注意しましょう。
 
次に安否を尋ねる挨拶です。
「ご機嫌いかがですか」などと相手の安否を気遣い、「おかげさまで、私どもも元気で暮らしています」などとこちらの様子を述べましょう。
 
そして最後に、お礼やお詫びを述べます。
前文の最後には日頃の感謝やお詫びの気持ちを伝えましょう。
 

□まとめ

 
はがきの構成は、前文、主文、末文といった構成で組み立てられます。
その中でも前文は相手の安否を尋ねたり、日頃の感謝を相手に伝えたりします。
文章が堅苦しくなる場合もありますが、相手への挨拶の意味もあるので、省略せずに書くことをおすすめします。